本文へスキップ

新しい視点で学校教育を考える 日本学校教育実践学会

                                                         

研究大会Conference


令和2年度 第25回研究発表大会は,2020年11月21日(土)に,新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ,WEB開催(論文のWEB発表,Zoomによる総会)を開催致しました。
総会およびWEB発表にご参加頂いた皆様,ありがとうございました。


令和2年度 第25回研究発表大会

 日本学校教育実践学会第25回大会を下記の要綱にて開催しますので,会員各位,同学の士の多数の参加をお待ちしております。
2020年10月5日
日本学校教育実践学会 会長 吉田正生
-----------------------------------------------------------------------
〈実施要領〉   主催:日本学校教育実践学会
   
1.日時:2020年11月21日(土)

2.会場:今年度はWEB大会とします。

3.日程:  13:00〜13:30  総会       
  総会はWEB大会のためZoomで行います。会員の皆様には,Zoomのスケジュールをメールにてお知らせいたします。
 そのため,春先にお送りしたハガキで返信を頂いていない場合は,以下にメールアドレスのご連絡をお願い致します。
    jarsep-kaikei@jarsep.jp  日本学校教育実践学会 (会計担当)
 会員の皆様には,紙上発表の論文要旨のPDFのパスワードを,当日までにメールにてお送り致します。
 そのため,春先にお送りしたハガキで返信を頂いていない場合は,必ずメールアドレスのご連絡をお願い致します。 

4.研究発表
  学校教育に関することに関心のある方であれば,どなたでも発表できます。
  なお,今年度は,発表者のみ参加費(1000円)をお願い致します。
  (1)発表形式
  第1著者として発表することができるのは,1発表のみとします。
  (2)研究発表申込み
  下記の項目を,発表論文(A4の原稿PDF)とともに,下記メールアドレスに期限厳守でお送り下さい。
  学会事務局 jarsep@jarsep.jp
   
   ①発表題目:
   ②発表者氏名:(連名の時は第一著者の前に○印を付けて下さい)
   ③所属
   ④連 絡 先(住所,電子メール,電話)
  (3)大会発表論文の取り扱い
  大会発表論文は,以下のファイルをダウンロードし,PDF形式で提出して下さい。
  PDFにできない場合はwordでも可。
  A4版1ページです:A4overview.doc へのリンク→ダウンロードして下さい。
  (4)研究発表申込受付期間・・・・2020年10月7日(水)〜11月7日(土)
 
5.参加費
  研究発表(紙上発表)される第一著者の方のみ,参加費(1000円)をお願い致します。
  以下の口座へ11月7日(土)までにお振込み下さい。  
  振込先:日本学校教育実践学会(ニホンガッコウキョウイクジッセンガッカイ) 
  ゆうちょ銀行 口座番号:02720-3-102925
  なお,会員の皆様が発表論文のPDFをご覧頂くのに,参加費は必要ありません。

活動報告写真

※ 令和2年度は,大会自体をWEB大会とすることから,令和2年度の教育講演会は中止と致します。

令和元年度 第7回教育講演会

活動報告写真

時間:13:00~14:00 教育講演会    
会場:P103教室
講師:本学会会長(文教大学教授),吉田正生 氏
題目:「歴史家になるわけでもない子どもたちになぜ、歴史を教えるのか」 


研究発表賞について

活動報告写真

学生(大学院生)や現職教員の研究発表活動を促進する観点から,平成30年度より,大学教員などの研究者を除く学会発表者について,参加者からの投票と理事会の審議を経て,「教育発表賞」を授与しています。
大学生,大学院生,現職教員に該当する方は,是非,研究発表大会での口頭発表をお願いします。
後日,賞状と副賞が授与されます。


過去の研究発表大会 プログラム

第24回研究発表大会
第23回研究発表大会
第22回研究発表大会
第21回研究発表大会

これまでの研究発表賞

第1回研究発表賞(2018年度)
谷本憂太郎 氏(北海道大学大学院)
発表題目:「食物教材への応用を指向した簡易的な色情報の解析によるポリフェノール含量評価法」
岡本岳之 氏(北海道教育大学大学院)
発表題目:「語彙拡充のための語句指導の検討 -既有知識を用いた機能的学習とコーパスを用いた機能的学習の差異を観点にして-」

第2回研究発表賞(2019年度)
太刀川祥平 氏(東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科・東京学芸大学附属国際中等教育学校)
発表題目:四角形の「重心」を作図により求める教材についての一考察 -数学と理科のつながりに注目して-

 

日本学校教育実践学会 事務局

〒070-8621
北海道旭川市北門町9丁目
北海道教育大学旭川校

坂井誠亮
E-Mail:jarsep@jarsep.jp